なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへ移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

サムイ島のタイ式ラーメンNanyuan Noodle ダックのバミーが安くてウマい!!

サムイ島のタイ式ラーメン屋 Nanyuan Noodleの紹介

タイのビーチリゾートであるサムイ島にはたくさんのレストランがありますが、安くておいしいタイ料理を食べたい、美味しいラーメンを食べたいという時におすすめのお店がNanyuan Noodleになります。

Nanyuan Noodleはタイ式のラーメン、バミーを提供しているお店なのですがものすごく美味しい。

バンコクのバミーは薄味が多く、ほとんどのタイ人は卓上調味料で自分好みに味変をして食べています。僕もバンコクでバミーを食べるときは味変して食べているのですが、Nanyuan Noodleはしっかりした味があり味変しなくても十分に美味しい。

具のチャーシュー的なダックやワンタンもレベルの高い味で量も多く、その上安い。

味・量・値段ともに大満足のNanyuan Noodleでお食事をしたらとてもよかったので紹介します。

 

Nanyuan Noodle 場所と行き方

Nanyuan Noodleはチャウエンビーチロードにあります。

サムイ島を訪れた多くの人がチャウエンビーチに行くと思うし、チャウエンビーチ周辺のホテルに泊ると思うので、チャウエンビーチロードを何度も行き来するでしょう。

真っ赤なお店なので、近くを通ったらすぐにわかります。

この記事の下の方にお店の地図もはってありますが、初めてサムイ島に行く方でも地図を見ながらで簡単にいける場所になりいます。

サムイ島でレンタルバイクを借りる方法はこちら。

Nanyuan Noodle お店の様子

サムイ島 Nanyuan Noodleの外観

こちらがNanyuan Noodleの外観になります。

小さなお店ですが真っ赤なので目立ちます。バイクで来た僕はお店の前にバイクを停めました。

周辺の他のお店に比べたら店内はあまり広くありません。

この時はコロナ渦中の雨期の平日で観光客がほとんどいないという時。店内のお客さんは僕一人でしたが、地元サムイ民っぽい人達が何組かお持ち帰りで注文していました。

バンコクでもそうですが、地元の人は店内で食べるよりもお持ち帰りして自宅で食べる人が多いのでしょう。

Nanyuan Noodleのメニュー

バミー以外にも様々な料理のあるNanyuan Noodle。

こちらは前菜のページです。

エビワンタンは80バーツ。タイ式魚のミートボールは80バーツ、などがあります。

こちらはおかゆのページです。

ダックやポークなどのおかゆがあり、お値段は50~99バーツになります。

エビやポーク、ダックのワンタンは80~99バーツ。

タイ式ラーメン、バミーもエビやポーク、ダック、ワンタン入りやスープあり、スープなしがあり、お値段は60~99バーツになります。

タイ式チャーハンのカオパッドは80バーツ。

ダックやポークが乗ったご飯は60~90バーツ。

ドリンクはタイ式ハーブティーや紅茶、コーヒーなどがあり、お値段は15~50バーツとなっています。

ほとんどの料理が100バーツ以下というリーズナブルなお値段です。

 

Nanyuan Noodle いただきます

まずはタイのビール、CHANGを注文。グラスはキンキンに冷えています。

ビールを飲みながら料理が運ばれてくるのを待ちます。

こちらは僕が注文したダックとエビワンタンのバミー、お値段は80バーツです。

バンコクで普段食べてるバミーよりも若干お値段は高めですが、普段食べてるバミー達よりも具沢山。

バンコクのバミーはスープに油がほとんど浮いていません。日本人としてはスープに浮くぐらいの油がないと物足りない。

だけどNanyuan Noodleはたっぷりと油が浮いています。コクがあってはっきりした味の激ウマスープ。

サムイ島の近くにあるタオ島でもバミーを食べたのですが、タオ島のバミーもバンコクバミーとは違いはっきりした味の激ウマスープでした。

日本でもそうですがタイでも地域によって同じものでも味付けが異なるのでしょう。そしてサムイ島やタオ島のバミーのスープは日本人好みの味です。

大きなワンタンにはぷりっぷりの大きなエビが入っています。

ダックも食べごたえありの量と味で大満足。

日本ではダックってあまり食べる機会がありませんが、タイではダック肉が日常の食卓に溢れています。

そしてダック料理って何を食べても美味しい。なぜこんなに美味しいダックが日本ではあまり浸透していないのでしょうか。

スープも具も美味しく食べ応えも満点、なのにたったの80バーツで大満足の激ウマバミーでした。日本人にはぜひ食べてもらいたいし、タイ在住日本人には普段食べているバミーとの違いを感じてもらいたいです。

こちらは豚マン。お値段は35バーツです。

出来立てでホッカホカより上、アッツアツの肉まんです。

やわらか~~~なパンに包まれた豚肉たっぷりの餡。

バミーの量が思ったよりも多くてお腹いっぱいになってしまい、肉まんを食べるのは嫌だな~とも思ったのですが、パンのふんわり食感と餡の味がたまらなく美味しくて全部食べてしまいました。

味・量・値段、どれも素晴らしくて大満足のお食事タイムになったNanyuan Noodleでした。

サムイ島のおすすめスポット

サムイ島でおすすめのイタリアン、Duomoについてはこちら。

サムイ島の記事一覧、サムイ島のお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストラン、ホテルなどについてはこちら。

Nanyuan Noodle 営業情報と地図

住所(英語) 200, Liap Hat Che Wong Road, Ko Samui District, Surat Thani 84320
住所(タイ語) 200, Liap Hat Che Wong Road, อำเภอเกาะสมุย สุราษฎร์ธานี 84320
営業時間 11:00~21:30

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ