なんとなくバンコクに移住してみました

日本語しかわからないけどバンコクに移住してみて2年経過。バンコクの移住・生活情報やタイや東南アジアの旅行情報を書いています。

クラビのロブスターの値段とおすすめのレストラン King Kitchen

クラビの美味しいロブスター King Kitchen

美しい海を満喫できるクラビではどのシーフード料理もとても美味しいですが、シーフードの王様といえばロブスター。クラビの多くのレストランにはロブスター料理がありますし、クラビを訪れた多くの人はディナーにロブスターをと思うでしょう。

ただ、どのお店もロブスターは量り売りで多くの日本人にとって値段の予想が全くつかないと思います。ロブスターを食べるにしても事前にある程度の値段は知っておきたい人も多いのではないでしょうか。

クラビ旅行に行った僕はレストラン、King Kitchenでディナーを満喫して美味しいロブスターを食べてきました。

とても美味しくおすすめできるレストランだったので、ロブスターの値段とKing Kitchenの料理を紹介します。

 

King Kitchenの場所と行き方

f:id:kawada1234:20200828160556j:plain

King Kitchenはアオナンビーチとノッパラッタラビーチの間辺りにあります。

夜になると木々に施されたイルミネーションが綺麗な道沿いで誰もがクラビ滞在中は通る道なので、初めてクラビを訪れた方でも分かりやすい場所にあります。

アオナンビーチ周辺のホテルに泊まった方は徒歩でも行けますが、僕はレンタルバイクでいきました。

別テーブルにいた二人の子供連れの日本人家族はバイクタクシーで来ていました。バイクタクシーは食事中ずっと待機していました。

クラビのバイクタクシーは座席がついているので、子供連れの4人家族でも一台のバイタクで移動できます。

King Kitchenのお店の様子

クラビのレストラン King Kitchen

こちらがKing Kitchenの外観です。かなり目立つ外観なので近くを通ったらすぐにわかるでしょう。

店内は広くてテーブル間の距離も離れているので混雑していてもゆったりとできそうです。席はたくさんあり、二階席もあります。

この時のタイはコロナの影響で鎖国状態、ビーチリゾートであるクラビには観光客がほとんどいなく、どのレストランもお客さんはほとんどいない状態でした。

離れた席に日本人家族がいるよ、と店員さんが教えてくれたのですが家族で来ている人に話しかけても迷惑だと思いスルー。

店員さんは日本人がいるのに話しかけない僕を見て不思議そうな感じにしていました。 

King Kitchenのメニュー

f:id:kawada1234:20200828173132j:plain

King Kitchenはタイとインド料理のレストランになります。クラビではタイ料理の次にインド料理屋さんをよくみかけました。メニューはたくさんありますがその一部を紹介します。

f:id:kawada1234:20200828173245j:plain

嬉しい事に全時間ハッピーアワーでアルコール類がリーズナブル。タイのビール、LEOの大瓶は89バーツ、カクテルは全て100バーツという安さです。

f:id:kawada1234:20200828173356j:plain

蒸したカニやカニカレー、カニ炒めなど、カニ料理は全て500バーツ。

タイでは何を食べても美味しい大きな魚料理ですが、大きな魚を煮た料理や大きな魚のフライなど、魚系は250バーツ。

f:id:kawada1234:20200828173552j:plain

各種貝料理は250バーツ。
クラビに食べたのならこの辺りのシーフード系も食べておきたい所です。

フライやバーベキューなど様々なロブスター料理もありますが、ロブスター系は全て100グラム300バーツという量り売りのお値段となっています。

僕はロブスターの重さがどれくらいだか全く分からない為100グラム300バーツと書かれていても全然ピンときませんでしたが、そういう方って多いのではないでしょうか。

他にもタイ風チャーハンのカオパッドやトムヤンクンなど様々なタイ料理があります。

インド料理メニューはカレーやタンドリーチキンなど、日本にある本格インド料理屋さんとおなじようなメニューとなっています。

King Kitchen いただきます

f:id:kawada1234:20200828174239j:plain

まずはビールで乾杯。入り口側の席は半テラス席となっていて、クラビの夜の気持ちのいい風を浴びながら食事を楽しめます。

f:id:kawada1234:20200828174330j:plain

カクテルは30種類以上ありますが、何を頼んでも100バーツ。日本のカクテルと違いタイではどこでカクテルを飲んでもアルコール強め。

クラビのトムヤンクン King Kitchen

最初に運ばれてきたのはトムヤンクン。お値段は360バーツです。

見た目が赤くないのは辛いのが食べれない僕でも美味しく食べれるように辛さなしにしてもらったからです。トムヤンクンのスープとエビの相性って最高。

クラビのトムヤンクンはどこで食べてもバンコクより美味しい、とトムヤンクンを食べ続けてきたタイ人は語っていました。

トムヤンクンはご飯にかけて食べるのが僕の周りのタイ人流です。

f:id:kawada1234:20200828174821j:plain

続いて来たのはバターチキンカレー。お値段は270バーツ。

辛い物が食べれない僕が美味しく食べれる物はどれか店員さんに聞いたらイチオシされたのがバターチキンカレーでした。

なんでクラビにきてインドカレーやねん!と自分でも思ったのですがこのカレーが激ウマ。僕が東京にいた頃はネパール人がたくさんいる地域に住んでいてネパール人経営のインド料理屋がたくさんあり、美味しいインドカレーをよく食べていました。

でもKing Kitchenのカレーは東京インド料理屋と若干味が違いすごく美味しい。

日本では手に入にくいけどタイでは手に入れやすいスパイスなどがあったりするからなのでしょうか。

カレーと共に食べるのはガーリックナン。お値段は90バーツ。外はカリカリ中はもちもちの美味しいナンです。東京インドカレー屋のようにバカでかいナンではないですが、それでも十分な量です。

そして待望のロブスター。Deep fried lobster with black pepperと記載されているメニューで、ロブスターのから揚げです。

ロブスターバーべキューでシンプルにいくか迷ったのですが、ロブスターのから揚げはまだ食べてみた事がなかったのでこちらにしました。

カリカリ衣にプリプリエビが美味しく、ビールにもよくあいます。

衣にも強めの味がついていますが、ロブスターの味が衣に全然負けていません。

ただ、見た目以上にお腹にたまり全部食べ切れず、残った分はお持ち帰り。ホテルでもお酒のつまみとして美味しくいただきました。

ロブスターのお値段

会計するまでドキドキだったロブスターのお値段は1500バーツでした。キリのいいお値段ですが、もしかしたらクラビのレストランでは量り売りと称して計っていなく、1500バーツで固定なのでしょうか。それともお店側が端数を切ってキリのいいお値段にしてくれたのでしょうか。それとも100グラム300バーツのロブスター、重さがちょうどぴったり500グラムだったのでしょうか。

過去何度か量り売りのレストランでロブスターを食べた時は目の前で重さを量ってくれましたが、King Kitchenでは量ってくれませんでした。

ただ、観光客が激減してたくさんのお店のシャッターが閉まってる中で経営を続けられているような人が悪意のある事をするとは思えません。

お店の人全員とたくさん話をしましたが、みんないい人でしたし。

ひとまずクラビでロブスターを食べる際は1500バーツを目安にいけばいいでしょう。

今回のお食事の合計は2470バーツでしたが、ロブスターを引いたら1000バーツ以下。

お酒を4杯飲んでカレーやトムヤンクンを食べてもロブスター抜きで1000バーツ以下って、お値段的にかなりお得で料理も美味しくかなりの満足度を得れるでしょう。

ロブスターを食べるにしても食べないにしてもクラビのディナーでKing Kitchenはおすすめです。

クラビのおすすめスポット

クラビの海を見ながら食事ができるレストラン、ワンサイシーフードについてはこちら。

クラビのナイトマーケット、アオナン・ランドマークについてはこちら。

クラビへの行き方やお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストラン、ホテルなどのクラビの記事一覧はこちら。

King Kitchen 営業情報と地図

住所(英語) 876 Tambon, Ao Nang, Mueang Krabi District, Krabi 81180
住所(タイ語) 876 Tambon, ตำบล อ่าวนาง อำเภอเมืองกระบี่ กระบี่ 81180
電話番号 +66994781139
営業時間 11:00~23:00 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ