なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへの移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

海外移住希望者におすすめの求人
マレーシア勤務 楽でゆるい仕事ですがゴージャスな暮らしを送れます。未経験・日本語のみもOK 詳しくは【こちらをクリック】

リペ島のディナーでおすすめの大人気レストラン キングクラブ(KingCrab)

リペ島 キングクラブ(KingCrab)

リペ島でのディナーはキングクラブ(KingCrab)がおすすめです。

タイ料理とシーフード料理が中心のキングクラブは観光客人気ナンバー1のレストラン。タイ人観光客にも欧米人観光客にも超人気で、どこで食事をするか迷ったらキングクラブに行けば間違いありません。

ウォーキングストリート内にあるので多くの人にとって行きやすく、ついでにショッピングも楽しめます。

リペ島滞在時にカニを食べたくなり、店名にクラブとあるのでキングクラブで食事をしたら大満足のディナータイムを過ごせたので紹介します。

 

キングクラブの場所と行き方

キングクラブはリペのウォーキングストリート内にあります。ウォーキングストリートは500メートルほどの長さなので、適当に周りの店を見たりしながら歩いていると発見できます。

ウォーキングストリートについてはこちら。

キングクラブ お店の様子

こちらがキングクラブの外観になります。看板に店名が書いてあるので店の前を通ればすぐにわかります。

店の前にはエビやカニや南国魚といった新鮮シーフードが置かれています。

こちらが店の前に置かれている新鮮シーフードです。新鮮シーフードは100グラムに対しての量り売りとなっています。

店内は広く、テーブル席がたくさん置かれています。壁がなく、外からの気持ちのいい風がダイレクトに入ってきます。

親族の集まりなのでしょうか。ものすごい数の団体客もいました。

店内には小さなバーカウンターもありますが、飲み物は席に持ってきてくれます。

レジ裏の壁には大きくKING CRABと店名が書かれています。その隣には、タイのカリスマ前国王のプミポンさんの絵が飾られています。

キングクラブのメニューとお値段

タイ料理とシーフード料理メニューがたくさんあるキングクラブ。その一部のメニューを紹介します。

メニューは英語とタイ語で記載されていて、英語を見ればだいたいどんな料理か把握できます。把握できなくても、おすすめ料理は写真付きなので、言葉の壁を乗り越えるのが難しい人でも注文しやすいです。

お店のおすすめメニューのカニのカレーは350バーツ。

タイで食べたらハズレなし、デカい魚のフライは400~450バーツ。

タイ版エビの刺身は200バーツ。

フライドポテトやオニオンリングは120バーツ。

ツナサラダやシーフードサラダなどのサラダ系は120~150バーツ。

トムヤンクンはポークが150、シーフードが180バーツ。

タイ版春雨サラダのヤムウンセンはチキンが150、シーフードが180バーツ。

グリーンカレーはチキンとポークが150、シーフードが180バーツ。

タイ版チャーハンのカオパッドは具材によって100~150バーツ。

パッタイはチキンとポークが100、シーフードが120バーツ。

お酒類はビールやワイン、ジンやラムやウォッカなどのスピリッツがあります。

お店前に置かれている新鮮シーフードは、注文したらお店の人が焼いてくれます。

エビが100グラム120バーツ。

ロブスターが100グラム230バーツです。

カニは100グラム90バーツ。

他にも新鮮シーフード類には生牡蠣や貝があります。

 

キングクラブ いただきます

まずはビールで乾杯。タイのビールLEOの瓶は120バーツ。

僕のお目当てのカニのグリルは量り売りで100グラム90バーツ。店先で食べたいカニを指定して焼いてもらいます。

カニ肉もカニ味噌も最高のお味。じっくりとカニを満喫します。

こちらは店先で売られていた生牡蠣。店員さんが質のいい牡蠣を教えてくれました。

シーフードトムヤンクンは180バーツ。

日本にいた時は松屋のカレーも辛くてたべれなかったほどの辛さ耐性のない僕ですが、辛さ控えめで注文したら僕でもギリ食べれました。エビと白身魚がものすごく美味しい。

トムヤンクンはご飯にかけて食べても美味しいです。

写真はブレブレになってしまいましたが、空心菜炒めは120バーツ。空心菜もご飯に乗せて食べても美味しいです。

こちらはカニのフライ。この日一番衝撃を受けたメニューです。

カニの殻ごとサクッと揚げられていて、殻もスナックのようにサクサクと食べる事ができます。カニの殻ごとなので始めは恐る恐る噛んでいましたが、全殻がサクッと簡単に食べれる揚がり具合。

カニの味もサクサクの食感も最高で、ビールにも良く合います。初めて食べたけどまた食べたい一品で未体験の方には是非食べてもらいたいおすすめのメニューです。

美味しいシーフードをたっぷり食べてビールもたくさん飲んで、お腹はパンパン。大満足のディナータイムを過ごせました。

リペ島のタイ&シーフードレストラン、NEE PAPAYA THAIFOOD & BBQについてはこちら。

リペ島のビュッフェレストラン、アキラ リペ リゾートについてはこちら。

リペ島でのダイビングについてはこちら。

リペ島での食事やショッピング、遊びや観光についての記事記事一覧はこちら。

キングクラブ 営業情報と地図

住所(英語) Borommaratchachonnani Road, Khwaeng Bang Bumru, Khet Bang Phlat, Krung Thep Maha Nakhon 10700
住所(タイ語)ถนน บรมราชชนนี แขวง บางบำหรุ เขต บางพลัด กรุงเทพมหานคร 10700
営業時間 17:30~22:30 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ