なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

バンコクで超人気のMKレストランのタイスキを黄金の味で食べてみた。

バンコクのMKレストラン

MKレストランとはタイ、バンコクにあるタイスキのレストランです。

タイでは超人気で、ご飯時になるとどこの店舗でも行列ができています。

タイスキとはタイ風スキヤキで、日本のスキヤキよりはどちからというとしゃぶしゃぶです。

好きな具材を鍋でしゃぶしゃぶして、ピリ辛のタイスキ用のタレを付けて食べます。

タイ人のお姉さんにMKレストランに行こうと誘われたのですが、カレー中辛が限界の僕にとってはピリ辛のタレが辛すぎます。

なので今回こんな事もあろうかと買っておいたエバラ黄金の味を持ってMKレストランへ行く事にしました。

バンコクでエバラ黄金の味を買うならこちら。

www.bangkok-life-blog.com

 

MKレストランの場所

f:id:kawada1234:20180830124935j:plain

MKレストランはバンコクの至る所にあります。

ほとんどのショッピングモール内にMKレストランはあります。

グーグルマップで検索したら、近場のMKレストランが何店舗が出てきます。

MKレストランの店内の様子

f:id:kawada1234:20180830124947j:plain

どこのMKレストランも店内は広くて綺麗です。

この画像は、店内の写真を撮るためだけに14時頃に入った時に撮った写真です。

14時過ぎというお昼時から大きく外れた時間でもお客さんはたくさんいます。

f:id:kawada1234:20180830124957j:plain

席につくとテーブルの上に空の鍋が置いてあります。

MKレストランのメニュー

f:id:kawada1234:20180830125012j:plain

僕が行ったことがあるMKレストランは大型スーパービックCに入っている店舗とサムヤーンのショッピングモールのチャムチュリースクエア内にある店舗ですが、どちらもタッチパネル式のメニューでした。

タイ語と英語を切り替える事ができます。

f:id:kawada1234:20180830125031j:plain

メニューはかなりたくさんあるので、一部を紹介していきます。

僕はメニューを一通り見て、欲しいのがあったらその都度押していく方式で注文して行く事にしました。

まずは野菜コーナー。

野菜のページだけでも6ページあります。

こちらはお野菜の盛り合わせです。

f:id:kawada1234:20180830125047j:plain

わかめと野菜4品です。

f:id:kawada1234:20180830125105j:plain

大皿キノコです。

鍋の時はいろんな種類のキノコを大量に食べたい。

f:id:kawada1234:20180830125118j:plain

お肉のページです。

3とか4とか書いてあるから、きっと3~4人分のお肉って事なのでしょう。

f:id:kawada1234:20180830125217j:plain

お肉のページは10ページもあります。

f:id:kawada1234:20180830125135j:plain

牛、豚、鶏の色んな種類のお肉があります。

お魚なんかもあります。

このお店のお魚は何かはわからないですが白身魚です。

僕はかなり好きです。

f:id:kawada1234:20180830125233j:plain

麺料理もたくさんあります。

f:id:kawada1234:20180830125246j:plain

タイスキラーメンのような感じでしょうか。

ただ、うどんの麺も一玉から注文できます。

僕の場合はこの辺の麺料理は注文せず、〆用にうどんを一玉注文して最後に鍋に投入します。

f:id:kawada1234:20180830125305j:plain

タイバージョンの味付けご飯もあるので、米がないと食事ができないという方も大丈夫です。

f:id:kawada1234:20180830125319j:plain

f:id:kawada1234:20180830125330j:plain

f:id:kawada1234:20180830125341j:plain

ジュースやスイーツもたくさんそろってます。

スポンサーリンク
 

美味しいタイスキの作り方

f:id:kawada1234:20180830125354j:plain

タッチパネルでピコピコ注文している間に店員さんが鍋にスープを入れてくれました。

注文が終わる頃にはスープはグツグツ煮立っています。

f:id:kawada1234:20180830125409j:plain

店員さんが注文したものを持ってきてくれます。

テンションが上がってきます。

f:id:kawada1234:20180830125423j:plain

テーブルの上はこんな感じ。

こんなにお皿があると貴族になった気分です。

f:id:kawada1234:20180830125437j:plain

手当たり次第に鍋に入れていきます。

日本では見た事がない野菜もあります。

鍋の中はタイの野原のようです。

f:id:kawada1234:20180830125454j:plain

蓋をして煮えるのを待ちます。

この時間がもどかしい。

f:id:kawada1234:20180830125508j:plain

こちらは別日に行った時の画像ですが、このようなキノコパーティーもできます。

f:id:kawada1234:20180830125528j:plain

タイ姉さんが小皿に生卵を入れ、かき混ぜて溶かし始めました。

日本式のスキヤキのように卵につけて食べたりもするのかな、と思ったのですが、、

f:id:kawada1234:20180830125546j:plain

知らない器具を使って卵も鍋に入れました。

f:id:kawada1234:20180830125601j:plain

円を描くように、鍋全体に卵を入れていきます。

なにこの器具!

素敵!!!

これはヤバい、うまそう!!

卵が全体に行きわたったらまた蓋をします。

そして待つ事数分。

f:id:kawada1234:20180830125615j:plain

とても素敵なタイスキができました!!

玉子が全体に行きわたっていて、見た目がより美味しそうになっています。

タイスキいただきます

f:id:kawada1234:20180830125639j:plain

お鍋の中の美味しそうな野菜の数々。

まずは小皿によそいます。

そして小皿によそったものを箸でつかみ、タレにつけて食べる。

それがタイスキの作法のようです。

f:id:kawada1234:20180830125658j:plain

まずはMKレストランで出されるタイスキのタレで食べてみます。

卓上にあるニンニクをタレに入れて、キノコをいただきます。

f:id:kawada1234:20180830125712j:plain

お肉もいただきます。

が、やはりこのタレは僕にとっては辛いです。

食べられない辛さではないのですが何度も食べていると口の中に辛みと痛みが蓄積されてつらくなってきます。

f:id:kawada1234:20180830125726j:plain

という事でエバラ黄金の味を使う時がきました。

f:id:kawada1234:20180830125740j:plain

左の小皿が黄金の味です。

タイ姉さんは初めて見る黄金の味を試しに舐めてみたらとても気に入ったようでした。

黄金の味を鍋に入っているタイスキのスープで薄めて飲んでいました。

f:id:kawada1234:20180830125757j:plain

しかし、お気づきの方もいるでしょうが黄金の味は焼肉用のタレです。

タイスキは日本でいうところのしゃぶしゃぶです。

黄金の味でも食べれない事はないのですが、タイスキに対しては味が濃すぎます。

僕はチョイスミスをしてしまいました。

タイスキに必要なのは黄金の味ではなく、しゃぶしゃぶのタレやポン酢でした。

でも、味は濃くても辛くはありません。

MKレストランでだされるピリ辛のタレよりは黄金の味の方が僕にとっては食べやいです。

f:id:kawada1234:20180830125824j:plain

食べてる途中で黄金の味のいい使い方を発見しました。

黄金のタレに卓上のニンニクを大量に投入します。

そして、タイスキのスープで少しだけ黄金のタレを薄めます。

そうすると味が濃すぎるという問題も解決できおいしく食べれます。

こうして黄金のタレのおかげで辛さに苦しむこともなく、美味しくタイスキを食べる事ができました。

辛いのが全然食べれない方はこの方法で試してみてください。

次はタイスキにしゃぶしゃぶのタレとポン酢を持って行って食べてみようと思います。

お店情報と地図

住所 315 อาคารจตุรัสจามจุรี Phayathai Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
営業時間 10:00~22:00
電話番号 02 160 5152

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク