なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

スポンサーリンク

カンボジア、シェムリアップ国際空港。SIMカードの買い方とホテルへの移動手段

シェムリアップ国際空港 シムカードの買い方とホテルまでの行き方

所用でバンコクから日本へ行った僕ですが、バンコクへ戻る前にカンボジアのシェムリアップに立ち寄ってみる事にしました。

初めてのシェムリアップ、何の下調べもせずに行ってみたのですがすんなりと空港でシム(SIM)カードを購入する事ができたし、空港からホテルまでの移動もすんなりとできました。

空港からほとんどの人が泊るであろうホテルのあるシェムリアップ市街地までは約8キロ。

タクシーやトゥクトゥクを使う事になります。

初めてシェムリアップへ行く人は、シムカードの購入とホテルまでの移動手段に不安がある人もいると思います。

予備知識なし、なんとなくで全然どうにかなったので、シムカードの購入の仕方と市内までの行き方を説明します。

 

シェムリアップ国際空港の様子

f:id:kawada1234:20181001124344j:plain

飛行機がシェムリアップ空港に着いたら歩いて空港内の建物へ行く事になります。

f:id:kawada1234:20181001132903j:plain

入り口から見る空港内の建物の中はこうです。

アライバルビザがない方は左へ行き、申請用紙をもらい記入してカウンターで申請します。

ビザがある方は左へ行き、入国審査をうけます。

f:id:kawada1234:20181001132910j:plain

こちらはアライバルビザの申請をするカウンターです。

f:id:kawada1234:20181002161513j:plain

ビザがある人はこちらで入国審査を受けます。

僕は特に何かをきかれたりもせずにすんなりと先へすすめました。

僕以外の方もそうでした。

f:id:kawada1234:20181002172829j:plain

入国審査を終えたら荷物を取ります。

シェムリアップ国際空港の到着ロビーは広くなく、一本道のような感じなので迷う事はありません。

f:id:kawada1234:20181002172832j:plain

荷物を取って出口に向かいます。

出口の横には両替店とタクシーサービスのカウンターがあります。

f:id:kawada1234:20181002172835j:plain

出口の前には免税店があります。

f:id:kawada1234:20181002181223j:plain

空港から出るとホテルやツアーガイドの出迎えに来ている人がたくさんいます。

カンボジアのビザの申請書類や出国、入国カードの書き方はこちら。

www.bangkok-life-blog.com

シェムリアップ空港でSIMカードを買う

f:id:kawada1234:20181002181226j:plain

空港から出て右を見るとシムカードを売っているお店がならんでいます。

スマホを使えるようにするために、シムカードを購入しに行きます。

f:id:kawada1234:20181002171533j:plain

まずは一番手前のお店を見てみると、日本語での説明が書かれています。

僕がカンボジアに滞在するのは6日。

3ドルで一週間無制限にネットを使えるシムがあったので安いと思い即これを購入。

誰かと電話をする事もないだろうと思い通話はどうなのか聞いてないからわかりませんが、通話もしたいという方や最安のシムカードを買いたいという方は一通りお店を回って値段を見比べてみてください。

どのお店にも料金表があります。

シムカードを購入したらパスポートとスマホを店員さんに渡します。

店員さんがシムカードを入れ替えて、設定もしてくれます。

スマホを返してもらったら、即使う事ができるようになっています。

シェムリアップでは、アンコールワット遺跡群では圏外の所が多かったのですが、それ以外の場所では快適にスマホを使う事ができました。

通信速度が遅いと感じた事は一度もありませんでした。

スポンサーリンク
 

シェムリアップ国際空港からの移動手段

f:id:kawada1234:20181002183942j:plain

空港内の出口の横に青い看板のエアポートタクシーサービスカウンターがあります。

ここで移動手段を確保する事ができます。

空港を出て左に行ってすぐにもこの窓口があります。

24時間営業しているので深夜に到着する人でも利用する事ができます。

料金は時間と利用する車両によって変わってきます。

6:30から23:00までは

ミニバン 15ドル
乗用車  10ドル
トゥクトゥク  9ドル
バイクタクシー 9ドル

23:00から6:30までは

ミニバン 20ドル
乗用車 15ドル
トゥクトゥク 14ドル
バイクタクシー 14ドル

となっています。

ホテルの場所を説明する自信がない人は、あらかじめホテル名を紙に書いておいたりグーグルマップでホテルの場所を表示させればすぐに理解してもらえます。

トゥクトゥクに乗ってシェムリアップ市内へ

f:id:kawada1234:20181002181223j:plain

今回僕が泊るのはシェムリアップ市街地にある民泊です。

僕が泊る民泊は5ドルで部屋まで送ってくれるサービスがありました。

空港のタクシーサービスの半額近いお値段です。

宿泊先の送迎サービスが空港のタクシーサービスよりも安ければガンガン利用してください。

ホテルやツアーガイドの出迎えの人達の中に、僕の名前が書かれた紙を持っているトゥクトゥクドライバーがいました。

その人にシムカードを買うからちょっと待っててくださいと伝え、シムカード購入後にもう一度合流。

f:id:kawada1234:20181002190207j:plain

トゥクトゥクに乗り、シェムリアップ市街地へ向かいます。

f:id:kawada1234:20181002190335j:plain

空港近くはとてものどかな光景が広がっています。

f:id:kawada1234:20181002190343j:plain

f:id:kawada1234:20181002190346j:plain

15分ほど走るとどんどん建物や車が増えてきました。

が、僕が住んでいるバンコクとは違ってみんな運転が穏やかです。

僕が乗っているトゥクトゥクも他の車もバイクも、かなりゆっくりめのスピードです。

まったりと宿泊先につくまでシェムリアップの景色を楽しむ事ができました。

シェムリアップの楽しみ方

カンボジア・シェムリアップのお得な情報、楽しみ方、おすすめスポット、レストランなどについてはこちら。

www.bangkok-life-blog.com

初めてのカンボジア旅行で言葉が不安、という方はこちらの本がおすすめです。

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ

スポンサーリンク