なんとなくバンコクに移住してみました

2018年に日本語しかわからないけどバンコクに移住してみました。バンコクへ移住方法や生活情報、タイや東南アジアの旅行情報を書いています。

バンコクで生牡蠣を思う存分食べたい時はオイスターバーのThe Raw Bar

バンコクのオイスターバー The Raw Barの紹介

バンコクで新鮮でおいしい生ガキをたっぷり食べたい時はオイスターバーのThe Raw Barがおすすめです。

世界各国から取り寄せられた様々な新鮮な牡蠣を食べる事ができるThe Raw Barは、生ガキ一個からでも注文できるので、いろんな牡蠣を食べ比べして楽しむ事もできます。

牡蠣だけでなく、ロブスターや貝料理、パスタなど様々な料理があるし、お酒もビールからワイン、スパークリング、カクテルと種類が豊富。

オシャレでリッチな雰囲気満載の店内は、記念日やお祝いやデートなどにも利用しやすいです。

思う存分牡蠣を食べたいと思い行ってみたThe Raw Bar、すごくよかったので紹介します。

 

The Raw Barの場所と行き方

f:id:kawada1234:20210215175106j:plain

バンコクに数店舗あるThe Raw Barですが、今回僕はチットロムのThe Raw Barに行きました。

エンポリウムやセントラルエンバシーにもありますが、チットロムのThe Raw Barは店内が広くてオシャレです。

エラワンバンコク

 

チットロム駅と直結しているモールのエラワンバンコクの一番下の階にThe Raw Barはあります。

The Raw Bar お店の様子

バンコク チットロムのThe Raw Bar

こちらがお店の外観になります。

同じフロアには東京では長蛇の列を作っている超有名店の麺屋一燈などがあります。

暗めの照明でたくさんの絵が飾ってある店内は落ち着いた雰囲気でとてもオシャレ。

高級感も漂っています。

店内は広く、テーブル席がたくさんあります。

バーカウンターには世界各国の生牡蠣が置かれています。

二人で行った僕はこちらのオシャレなフカフカソファーの席に案内されました。

店員さんは皆タイ人ですが、女性店員は日本語を話せます。

なんで日本語を話せるのか聞いたら、以前は高級ホテルやダイヤモンドプリンス号で働いていたとの事でした。その職歴と日本語が話せる事にどんなつながりがあるのかはわかりませんが、高学歴の人なんだというのはわかりました。

コロナのせいで転職していまはここで働いていると言っていましたが、学が高く品があり気が利いて気さくな人だったので、メニューをみてよくわかんないのとかもなんでも聞けました。

The Raw Barのメニュー

たくさんのメニューのあるThe Raw Bar。その一部のメニューを紹介します。

世界各国、たくさんの種類のある生ガキのお値段は一個130~255バーツです。

半ダース、1ダースの注文もできます。

蒸しや焼き、トリュフが乗っていたりと様々種類のあるロブスター料理は重さによって値段が違います。

700グラムから注文でき、700グラムだと1980バーツ~2180バーツ。

貝料理や魚料理は580~720バーツ。

トリュフやロブスター&カニといったスープ類は280~420バーツ。

シーフードやポーク、ロブスターなどのパスタは320~2250バーツ。

ティラミスなどのデザートは220~260バーツ。

エビやキノコなどのグリル系は220~520バーツ。

いろんなグリル料理の入ったグリルセットなんかもあります。

ドリンク類も豊富で、ワインやスパークリング、ビール、カクテルなど、種類がたっぷりあります。

生牡蠣はバーカウンターの上にあるものを見て選ぼうとしたのですが、結局どれを頼めばいいかわからなかったので全種類を2個ずつ注文する事にしました。

 

The Raw Bar いただきます

まずはビールで乾杯。

ハイネケンの小ボトルは130バーツ。

一度タバコを吸いに外に出て、戻ってきたらテーブルの上にはたっぷりのお料理が運ばれ済みでした。

色んな国の牡蠣。山地によって微妙に大きさや形が違います。

さらにいろんな国の牡蠣。生牡蠣好きにはたまりません。

食べ比べてみたのですが、味自体に大きな違いはさほど感じずどれも美味しい。

ただでかい牡蠣の方がクリーミー感が強く僕は好きです。

こちらは店員さんおすすめのspicy roasted garlic sauce。お値段は720バーツでフランスパンもついてきます。

スパイシーと書いていますが貝を食べればそれほど辛くはなく、松屋のカレーも食べれないほど辛さ耐性のない僕でも普通に食べれます。

店員さんのおすすめなだけあって美味い。

ただ、スープを飲んでみたら僕は二口目がいけないくらいの辛さでした。一緒にいったタイ人はパンにスープをつけ、うまいうまいと食べていました。

こちらも店員さんのおすすめのツナのカルパッチョ、お値段は320バーツ。

見た目はこれツナなの?って感じです。口に入れてもこれほんとにツナなの?って思い、店員さんにこれは本当にツナなのかを確認しました。

するとこれはツナです、との事。

言われてみれば確かにツナ感はありますが、僕のツナの概念を覆されたツナ料理。ものすごく柔らかいお肉に胡椒がピリッと効いたお味は最高です。

量がたっぷりのホカホカフライドポテトはケチャップもついて150バーツ。

ビールがなくなったのでスパークリングを注文。お値段は270バーツ。

最後に運ばれてきたのはカニ。お値段は980バーツ。

身がたっぷり入った極上ガニです。

ソースは辛くて僕はソースなしでたべたのですが、そのまま食べても美味しい。

この日注文したのは以上ですが、どれも美味しくて食べたいものを思う存分食べた至福のディナーとなりました。

お会計

二人で思う存分食べまくったこの日のお会計はVAT7%にサービスチャージ10パーセントをくわえて6645バーツ。

味も雰囲気もサービスも大満足の6645バーツでした。

エラワンバンコクでのお食事はこちらもおすすめです。

The Raw Bar 営業情報と地図

住所(英語) Lower ground floor, 494 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330
住所(タイ語) Lower ground floor, 494 ถนน เพลินจิต แขวง ลุมพินี เขตปทุมวัน กรุงเทพมหานคร 10330
電話番号 02 252 9186
営業時間 13:30~23:00 

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ