なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。


海外旅行におすすめのポケットWi-Fiをお得にレンタルする方法

f:id:kawada1234:20190224175714j:plain

海外旅行に行く前に考えないといけないのは、現地でスマホを使うためにどうするかです。

携帯キャリアの海外パケットパックもありますが、ものすごく高い上に使える容量が すぐにいっぱいになって追加料金が発生してう事になるのででおすすめはしません。

一番安い方法は現地の空港でシムカードを購入する事です。

現地の空港でシムカードを購入すれば、設定も店員さんがしてくれるのでスマホをすぐに使えるようになります。

ただ、シムカードを交換すると、ラインやスマホのゲームは引き続き利用できるし履歴も残っていますが、電話番号が変わってしまいます。

電話番号が変わってしまうのが困るという方はポケットWi-Fiをレンタルするという選択肢しかありません。

海外旅行用のポケットWi-Fiをレンタルしてから海外旅行に行く、という方法が安く済む方法になります。

グループや家族で旅行に行く方は一台借りて料金をみんなで割れば一人当たりの出費はかなり安くなります。

また、現地の空港でポケットWi-Fiをレンタルすれば日本よりも安くすむのですが、ポケットWi-Fiのレンタルをしていない国もいくつもあります。

これからの海外旅行でポケットWi-Fiのレンタルを検討されている方へ、おすすめのポケットWi-Fiとレンタル・返却の仕方を説明します。

 

おすすめのポケットWi-Fi

海外旅行用のポケットWi-Fiのレンタル会社はいくつかありますが、一番おすすめなのは海外専用グローバルWiFi になります。

おすすめの理由としてはCMでたまに見る有名なイモトのWi-Fiよりも値段は安く、200か国以上で使う事ができます。

オプションや保証もしっかりしているので、それぞれの用途に合ったプランで安心してレンタルする事ができます。

また、旅行出発3日前から自宅に発送してもらう事ができるので、出発日当日に空港でWi-Fiを借りるためにバタバタする事もありません。

返却時も、日本の空港にあるカウンターで返却するか、空港内の返却ボックスに入れればいいだけです。

僕は日本に住んでいた時にちょくちょく海外に行っていたのですが、シムカードを変える事によって電話番号がかわってしまうのは困るので、毎回グローバルWi-FiのポケットWi-Fiをレンタルしていました。

ポケットWi-Fiをレンタルする方法

ポケットWi-Fiのレンタルの手続きは全てネットできます。

この記事のバナーから手続きをすると割引になるのでお得です。

f:id:kawada1234:20190301162859j:plain

こちらはPC版のトップページになります。

時期によってお得なキャンペーンが行われていたりもします。

まずはトップページ右上の四角い赤枠で囲まれた【Wi-Fiレンタル お申込み】をクリック。

旅行先が一ヵ国の場合

f:id:kawada1234:20190224195651j:plain

旅行先が一ヵ国の場合の申し込み方法です。

タイに旅行に行くとして進めていきます。

①渡航日程

まずは出発日と帰国日を入力します。

②ご利用プラン

次にどこの国へ行き、どのプランで申し込むのかを選択します。

タイになのでエリアを東南アジアにし、国(プラン)を選択します。

f:id:kawada1234:20190224201326j:plain

プランは3G、4G、そして一日に使える容量は300メガと600メガと1,1ギガのプランがあります。

容量が大きくなればなるほど料金も高くなります。

僕の場合は基本4Gで600メガの大容量プランを使っていますが、一日の容量を超えてしまった事は今まで一度もありません。

③端末レンタル台数

ポケットWi-Fiの端末を何台レンタルするかを決めます。

家族や友達と行って一人一台持ちたいのであれば人数分の台数をレンタルしましょう。

宿泊先のWi-Fiの状況次第では1グループに1台あればいいと思います。

f:id:kawada1234:20190224202452j:plain

国内の空港のどこで受け取るか、それとも自宅に配送してもらうかを選択します。

ただ、空港で受け取りは24時間可能ではないので注意してください。

f:id:kawada1234:20190224202619j:plain

④受け取り方法を選択する

受け取り方法ですが、僕は毎回国内宅配を選択しています。

出発3日前の日付から、いつ自宅に郵送してもらうかを選ぶ事ができます。

出発日当日の空港が混んでいたり、時間ギリギリに空港についてしまった時の事を考えると、あらかじめ自宅に送ってもらった方が心に余裕を持てます。

⑤返却方法を選択する

帰国した時、ポケットWi-Fiをどこで返却するかを選択します。

どの空港にも返却ボックスがあり、返却ボックスは24時間いつでも利用できるので、帰国時に利用する空港の返却ボックスを選択しましょう。

返却ボックスの場所はこちらから確認できます。

受取・返却場所の確認 | 海外WiFiならグローバルWiFi

f:id:kawada1234:20190224203944j:plain

f:id:kawada1234:20190224203947j:plain

次に保証パックとオプションを選択します。

レンタルした物を紛失したり壊した場合も、保証パックにはいっていれば弁償する事はありません。

また、渡航先で機器が壊れた場合でも新しい機器を送ってもらえたりします。

必要な方は加入してください。

僕は毎回加入しません。

また、オプションでは翻訳機や変換電源プラグのレンタルもできますが、この辺も僕は毎回レンタルしません。

f:id:kawada1234:20190224204352j:plain

以上、全ての入力を終えたら一度料金の確認をしてみます。

f:id:kawada1234:20190224204355j:plain

タイ旅行で4G LTE 600メガのポケットWi-Fiを8日間借りると、様々な割引後の料金は12,996円となります。

これでも携帯キャリアの海外パケットパックなどに比べたら圧倒的に安いです。

これでよければ画面を下にスクロールします。

f:id:kawada1234:20190224204352j:plain

また、こちらの画面になるので、次へを押します。

すると自分の情報や決済の画面になり、進めていくとポケットWi-Fiレンタルの契約が完了となります。

自宅に配送を選んだ方は、当日自宅にWi-Fiが郵送されてきます。

 

旅行先が二か国以上の場合

二か国以上に旅行をする場合の申し込み方法は、一ヵ国の場合と少しだけ違う部分があります。

タイ・フィリピン・ベトナムに行くとして進めて行きます。

まず、上で説明した、旅行先が一ヵ国の場合と同じ日程にします。

f:id:kawada1234:20190224212947j:plain

②ご利用プラン

ここだけが一ヵ国だけの場合と違います。

まず、最初に行く国をタイにして、プランを選択したら右下の黒い四角枠にある【+国追加】をクリックします。

そうすると新しいエリアとプランの枠が出てきます。

実際に行く順番通りでなくてもいいので、行く国全部とその国で使うプランを選択します。

タイ用のポケットWi-Fiはタイでしか使えません。

ベトナム用のポケットWi-Fiもベトナムでしか使えません。

なので、どこの国に行くかをきちんと選択して、その国専用のWi-Fiを用意してもらいます。

他の部分は上記【旅行先が一ヵ国の場合】と同じなので、そちらを参考に進めていってください。

全ての入力を終えて料金の確認をしてみます。

f:id:kawada1234:20190224213331j:plain

料金は16,112円。

一ヵ国に行く日数と同じでも、国が増えると料金は若干高くなります。

それでも携帯キャリアの海外パケットパックなどに比べたら圧倒的に安いです。

また、三か国旅行する場合はポケットWi-Fiを三台レンタルする事になるのですが、それぞれの端末にどこの国用か記載されています。

料金詳細には赤文字で書かれた割引の部分もありますが、【特定サイトからのお申込みにより無料-500円】というのは、こちらのバナーから入ってレンタル契約を進めていけば受けれる割引になります。

また、支払いはクレジットカード払いが便利です。

楽天カードは過去に自己破産した僕でも簡単に作れたし、カードを利用して海外のホテルや飛行機のチケットの手配をしたら海外旅行保険に自動的に入れます。

カードがない人は海外に行く前に作っておく事をおすすめします。

海外旅行 現地でシムカードを購入する方法

電話番号が変わってもいいという方は旅行先の空港でシムカードを購入したほうがお得です。

タイ・バンコクの空港でシムカードを購入する方法はこちら

ラオスのワットタイ国際空港でシムカードを購入する方法はこちら

カンボジアのシェムリアップ国際空港でシムカードを購入する方法はこちら

ミャンマーのヤンゴン国際空港でシムカードを購入する方法はこちら

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ