なんとなくバンコクに移住してみました

英語もタイ語もわからない社会不適合者のアラフォーダメ人間のタイ・バンコクでの日々の生活のブログ。パクチー嫌い。辛いの食えない。

駅から5分 チョンノンシーの屋台群は安くてうまくて快適にお食事ができる

バンコク チョンノンシーの屋台群のラートナー

近年タイ・バンコクでは様々な屋台群が行政によって撤去させられていますが、それでもまだまだ素敵な屋台群はたくさんあります。

安くて美味しい食べ物がたくさんあり、日本人からしたらお祭りのような気分になってちょっとテンションがあがる屋台群ですが、BTSチョンノンシー近くにも安ウマ屋台のたくさんある素敵な屋台群があります。

その上この屋台群は屋根のある席や扇風機がたくさんある屋内のテーブル席もあるので、雨の日や暑い日でも快適に安ウマ屋台料理を楽しむ事ができます。

 

チョンノンシーの屋台群の場所と行き方

f:id:kawada1234:20190615151239j:plain

チョンノンシーの屋台群はBTSチョンノンシー駅から徒歩5分くらいの場所にあります。

f:id:kawada1234:20190615152058j:plain

チョンノンシー駅からエンパイアタワー側の道をまっすぐ歩くと屋台群に到着します。

屋台群周辺の路上にもたくさんの屋台があり、お昼時はこの道は食事をする人達でとても混雑しています。

バンコク チョンノンシーの屋台群

こちらが屋台群の入り口になります。

混雑していると席の確保も難しいので僕は毎回13時30分くらいにいきます。

それくらいの時間になると人はかなり少なくなっていますが、14時くらいからお店は閉まっていきます。

なので14時前には到着するようにしましょう。

チョンノンシーの屋台群の様子

屋台の様子

f:id:kawada1234:20190615152728j:plain

たくさんの屋台があるチョンノンシーの屋台群。

入り口横にはタイのバナナ料理のお店があります。

このバナナ料理の名前はわかりませんが、日本では食べた事がないものです。

甘くて暖かいのでおかずにもなるしデザートにもなります。

30バーツなので未体験の方は一度試してみてください。

f:id:kawada1234:20190615152612j:plain

入り口を入るとたくさんの屋台が目に入ってきます。

四角いガラスケースがある屋台はフルーツ屋さん。

日本では考えられないくらいの安さでスイカや南国のフルーツが売られています。

スイカの味は日本と同じですが、日本のスイカよりも圧倒的に安いのでお得です。

また、日本では見ない南国感満載のフルーツは何を食べても美味しい。

食べた事がないフルーツを見たらとりあえず食べてみましょう。

f:id:kawada1234:20190615153106j:plain

こちらは串焼きの屋台。

お値段は1本10バーツからです。

こちらの屋台では二つのソースがあり、一つは辛いソース。

もう一つは辛くない、少し甘めのソース。

辛い食べ物を食べれない僕は毎回『ノースパイシー プリーズ』と言って、辛いソースをつけないでもらっています。

f:id:kawada1234:20190615153259j:plain

タイの串焼き屋台はほとんどが炭火で焼いています。

そしてほとんどの屋台ではソーセージなどで一部にちょっとした焦げが発生したら、焦げた部分はハサミで切るという丁寧な仕事をしてくれます。

f:id:kawada1234:20190615153434j:plain

こちらは欧米料理屋台。

フライドチキンがついたビーフやチキン、ポークステーキが50バーツから99バーツという値段で売られています。

すごく安いですが味はしっかりしているし食べ応えもあります。

f:id:kawada1234:20190615153612j:plain

こちらはフライドチキンの屋台。

一本20バーツくらいです。

フライドチキンの屋台はどこで食べても想像通りの安定のフライドチキンの味です。

f:id:kawada1234:20190615153803j:plain

こちらは好きなおかずを選んでご飯に乗っけてもらう屋台です。

名前がわからないのでバンコク丼と僕は呼んでいます。

日によって売られているおかずが違ったりします。

また、時間が経つと売り切れてしまうおかずもどんどん出てきます。

ただこちらのバンコク丼の屋台は米が暖かくなくて僕はイマイチ。

f:id:kawada1234:20190615154142j:plain

こちらはバンコクを代表する料理、カオマンガイカオカームーの屋台。

タイに来たのなら一度は食べておきたい定番フードです。

f:id:kawada1234:20190615154122j:plain

こちらはタイ風チャーハンのカオパッドやラートナーの屋台。

カオパッドはどこで食べても美味しくて、僕はいままでハズレを引いた事がありません。

まずく作るのが不可能な料理なのかもしれません。

そして、チャーハンって日本よりもタイの方が美味しいです。

タイ米の方がチャーハンに合うのでしょうか。

f:id:kawada1234:20190615154554j:plain

積まれている揚げ麺はラートナーに使われる麺です。

見た目からすでに美味しそうです。

f:id:kawada1234:20190615162906j:plain

スプーンやフォーク、箸、調味料は各屋台の前においてあります。

そして、調味料は他の店で買ったものに対しても使ってオッケーです。

ここで紹介した以外にも食べ物や飲み物の屋台はまだまだあります。

席の様子

f:id:kawada1234:20190615161706j:plain

ここの屋台群はテーブルがたくさんあります。

それでも12時代のお昼時は大混雑していて、ほとんどの席が埋まっています。

f:id:kawada1234:20190615161814j:plain

こちらは屋根のある席。

雨が降っても安心してゆっくりとお食事を楽しめます。

f:id:kawada1234:20190615161909j:plain

屋台群には珍しく屋内の席もあります。

屋内には扇風機がたくさん置いてあり、暑い日でも快適にお食事ができるのが嬉しいです。

チョンノンシーの屋台群でいただきます

f:id:kawada1234:20190615162022j:plain

こちらは僕が注文したラートナーと串焼き屋さんのエノキのベーコン巻きとコーラ。

食べたい物を全部買ってもお値段は100バーツ以下です。

f:id:kawada1234:20190615162321j:plain

タイの串焼き屋台では定番のエノキのベーコン巻き。

タイの屋台のエノキのベーコン巻きって噛むとべしょべしょしているものがあってがっかりする事がありますが、こちらは一切のべしょべしょ感のない美味しいエノキ。

これが10バーツというのがとても嬉しい。

f:id:kawada1234:20190615162546j:plain

こちらは揚げ麺に餡をかけた料理のラートナー。

胡椒のかけ方が雑なのは僕がかけたからです。

ラートナーはお店によって具材も餡の感じも味も違いますが、ここのラートナーはかなりの当りです。

たっぷりのキノコやタケノコが入った山の幸満載の餡。

f:id:kawada1234:20190615162743j:plain

大きくてプリプリのエビも入っています。

エビの殻は手で外す事になるので手は汚れてしまいます。

ただ、ティッシュが置いてある屋台があるのでそこから何枚かティッシュをいただいておきましょう。

f:id:kawada1234:20190615163039j:plain

ここのラートナーは餡がものすごくたくさん入っています。

ひたひたに入った餡の中で揚げ麺は美味しい餡をたっぷり吸いこんでいます。

噛めば噛むほど揚げ麺と餡の美味しさが口の中に染み出てきます。

お値段は50バーツですが値段以上の満足感。

ここの屋台群ではこのラートナーが僕のイチオシです。

こちらの屋台群もおすすめ。

チョンノンシーの屋台群の地図

住所(英語) 144 31/3 Naradhiwat Rajanagarindra Rd, Yan Nawa, Sathon, Bangkok 10120
住所(タイ語) 144 31/3 ถนน นราธิวาสราชนครินทร์ แขวง ยานนาวา เขต สาทร กรุงเทพมหานคร 10120

 

 

 ↓僕にメールを送るのはこちらから↓

 お問い合わせ